Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 前提主義(ぜんていしゅぎ、presuppositionalism)とは、前提が結論を決するとする弁証論であり、キリスト教弁証論のうち、カルヴァン主義、改革派教会において支配的な弁証神学である。 コーネリウス・ヴァン・ティルとGordon Haddon Clarkには相違がある。ヴァン・ティルは、「キリスト教についての正統的見解の最も首尾一貫した表現は、改革派信仰において見出される、何であれ正統的見解の基礎となっているのは、神の先行的自存と、聖書に記されている神御自身についての神の無謬の啓示という、前提である」と述べている。前提主義は、神の啓示である聖書を前提とし、聖書によらない他の世界観の誤りを明らかにし、キリスト教信仰を敵から守ろうとする。前提なしには人間は何も理解できないと主張し、非再生者と再生者の2種類の人間と前提があり、非再生者であるノンクリスチャンと再生者であるクリスチャンの間と、宇宙そのものに中間領域が存在しないとする。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2069816 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5527 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46932727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 前提主義(ぜんていしゅぎ、presuppositionalism)とは、前提が結論を決するとする弁証論であり、キリスト教弁証論のうち、カルヴァン主義、改革派教会において支配的な弁証神学である。 コーネリウス・ヴァン・ティルとGordon Haddon Clarkには相違がある。ヴァン・ティルは、「キリスト教についての正統的見解の最も首尾一貫した表現は、改革派信仰において見出される、何であれ正統的見解の基礎となっているのは、神の先行的自存と、聖書に記されている神御自身についての神の無謬の啓示という、前提である」と述べている。前提主義は、神の啓示である聖書を前提とし、聖書によらない他の世界観の誤りを明らかにし、キリスト教信仰を敵から守ろうとする。前提なしには人間は何も理解できないと主張し、非再生者と再生者の2種類の人間と前提があり、非再生者であるノンクリスチャンと再生者であるクリスチャンの間と、宇宙そのものに中間領域が存在しないとする。
rdfs:label
  • 前提主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of