Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 刺繍(ししゅう、英: Embroidery)とは、布地あるいはその他の素材に針とより糸で装飾を施す技術、もしくは手芸のことである。刺繍には金属片や真珠、ビーズ、羽柄、スパンコールなどが用いられる場合もある。刺繍の特徴は、チェーン・ステッチ(en)、ボタンホール・ステッチ(en)、ランニング・ステッチ(en)、サテン・ステッチ(en)、クロス・ステッチ(en)など、ステッチ(en)の最古の技法に基づいていることで、それらは現代の刺繍の基本的な技術として残っている。機械刺繍(en)は産業革命の初期に登場し、手刺繍、とりわけチェーン・ステッチを模倣するために使われた。しかし機械によるサテン・ステッチやヘム・ステッチは、複数の糸によって施されるため、見た目は手刺繍と似ているが構造は異なる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 26819 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3034 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59123895 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 刺繍(ししゅう、英: Embroidery)とは、布地あるいはその他の素材に針とより糸で装飾を施す技術、もしくは手芸のことである。刺繍には金属片や真珠、ビーズ、羽柄、スパンコールなどが用いられる場合もある。刺繍の特徴は、チェーン・ステッチ(en)、ボタンホール・ステッチ(en)、ランニング・ステッチ(en)、サテン・ステッチ(en)、クロス・ステッチ(en)など、ステッチ(en)の最古の技法に基づいていることで、それらは現代の刺繍の基本的な技術として残っている。機械刺繍(en)は産業革命の初期に登場し、手刺繍、とりわけチェーン・ステッチを模倣するために使われた。しかし機械によるサテン・ステッチやヘム・ステッチは、複数の糸によって施されるため、見た目は手刺繍と似ているが構造は異なる。
rdfs:label
  • 刺繍
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:特技 of
is foaf:primaryTopic of