Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 制酸薬(せいさんやく、Antacid)とは胃腸薬の一種で、胃酸を中和する医薬品である。制酸剤とも呼ばれる。胃内のpHを上昇させ胃粘膜を保護し、胸焼け(英: heartburn & acid indigestion)などの症状を軽減させる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 24642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 791 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46572266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 制酸薬(せいさんやく、Antacid)とは胃腸薬の一種で、胃酸を中和する医薬品である。制酸剤とも呼ばれる。胃内のpHを上昇させ胃粘膜を保護し、胸焼け(英: heartburn & acid indigestion)などの症状を軽減させる。
rdfs:label
  • 制酸薬
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of