Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 制空戦闘機(せいくうせんとうき、Air superiority fighter)とは、戦闘機のうち特に制空権の確保を主任務とする、対戦闘機戦闘に主眼をおいて設計された機体の事である。古くは「征空戦闘機」と呼ばれた事もある。日本海軍では昭和18年から、このような空戦性能と航続距離を重視し対戦闘機戦闘を主任務とする単座戦闘機を「甲戦闘機」(甲戦)と呼んだ。「制空権」(air supremacy)という言葉自体は最近では使われなくなり、「航空優勢」(air superiority)という言葉に換えられているが、「制空戦闘機」を「航空優勢戦闘機」と言い換えられる動きは無い。英語では逆に"Air superiority fighter" と表記され、"Air supremacy fighter" とは表記されない。現代においては戦闘機の多用途化(戦闘爆撃機、マルチロール機の種類の増加)が進み、純粋な制空戦闘機はなくなりつつある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 965574 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3562 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59159749 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 制空戦闘機(せいくうせんとうき、Air superiority fighter)とは、戦闘機のうち特に制空権の確保を主任務とする、対戦闘機戦闘に主眼をおいて設計された機体の事である。古くは「征空戦闘機」と呼ばれた事もある。日本海軍では昭和18年から、このような空戦性能と航続距離を重視し対戦闘機戦闘を主任務とする単座戦闘機を「甲戦闘機」(甲戦)と呼んだ。「制空権」(air supremacy)という言葉自体は最近では使われなくなり、「航空優勢」(air superiority)という言葉に換えられているが、「制空戦闘機」を「航空優勢戦闘機」と言い換えられる動きは無い。英語では逆に"Air superiority fighter" と表記され、"Air supremacy fighter" とは表記されない。現代においては戦闘機の多用途化(戦闘爆撃機、マルチロール機の種類の増加)が進み、純粋な制空戦闘機はなくなりつつある。
rdfs:label
  • 制空戦闘機
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:type of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:分類 of
is prop-ja:用途 of
is foaf:primaryTopic of