Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 利益には、一般的に「りえき」「りやく」の二つの読み方があり、読みによって意味が異なる。りえき - 本項で詳述利すること。利得。得分。もうけ(儲け)。とく(得)。「利益を得る」ためになること。益になること。「公共の利益」(この意味の場合、利益を得るための活動を「営利(えいり)」という)りやく仏教の言葉。ためになること。法力によって恩恵を与えること。自らを益するのを功徳(くどく)、他を益するのを利益という。神仏の力によって授かる利福。利生(りしょう)。丁寧語の「ご」をつけ、「ご利益」という場合が多い。とくに今生きている世界(現世)における利益を現世利益(げんせりやく)という。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 21536 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58473616 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 利益には、一般的に「りえき」「りやく」の二つの読み方があり、読みによって意味が異なる。りえき - 本項で詳述利すること。利得。得分。もうけ(儲け)。とく(得)。「利益を得る」ためになること。益になること。「公共の利益」(この意味の場合、利益を得るための活動を「営利(えいり)」という)りやく仏教の言葉。ためになること。法力によって恩恵を与えること。自らを益するのを功徳(くどく)、他を益するのを利益という。神仏の力によって授かる利福。利生(りしょう)。丁寧語の「ご」をつけ、「ご利益」という場合が多い。とくに今生きている世界(現世)における利益を現世利益(げんせりやく)という。
rdfs:label
  • 利益
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commercial of
is prop-ja:営利性 of
is foaf:primaryTopic of