Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 利己的遺伝子論(りこてきいでんしろん)とは、進化学における比喩表現および理論の一つで、自然選択や生物進化を遺伝子中心の視点で理解すること 。遺伝子選択説もほぼ同じものを指す。1970年代の血縁選択説、社会生物学の発展を受けてジョージ・ウィリアムズ、E・O・ウィルソンらによって提唱された。イギリスの動物行動学者リチャード・ドーキンスが1976年に、『The Selfish Gene』(邦題『利己的な遺伝子』)で一般向けに解説したことが広く受け入れられるきっかけとなったため、ドーキンスは代表的な論者と見なされるようになった。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 34351 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58297820 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:followedBy
  • 延長された表現型
prop-ja:genre
prop-ja:id
  • ISBN 978-0198-57519-1
prop-ja:language
prop-ja:origTitle
  • The Selfish Gene
prop-ja:pages
  • 224 (xsd:integer)
prop-ja:published
  • 1976 (xsd:integer)
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • 利己的な遺伝子
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 利己的遺伝子論(りこてきいでんしろん)とは、進化学における比喩表現および理論の一つで、自然選択や生物進化を遺伝子中心の視点で理解すること 。遺伝子選択説もほぼ同じものを指す。1970年代の血縁選択説、社会生物学の発展を受けてジョージ・ウィリアムズ、E・O・ウィルソンらによって提唱された。イギリスの動物行動学者リチャード・ドーキンスが1976年に、『The Selfish Gene』(邦題『利己的な遺伝子』)で一般向けに解説したことが広く受け入れられるきっかけとなったため、ドーキンスは代表的な論者と見なされるようになった。
rdfs:label
  • 利己的遺伝子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • The Selfish Gene
  • 利己的な遺伝子
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of