Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 初天神(はつてんじん)その年の最初の天神(菅原道真)を祀る神社(天満宮・天神社)の縁日。1月25日。古典落語の演目のひとつ。以下で詳説。『初天神』(はつてんじん)は、古典落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。毎年1月25日に天満宮で行なわれる年の初めの祭りに出かけた、父親と息子の絆を描いている。松富久亭松竹の作と伝わっており、3代目三遊亭圓馬が大正期に東京落語に移植した。また、上方落語でもこの演目は演じられ続けている。正月に好んで披露される作品である。息子に振り回されて困惑気味の父を、やや冷めた目線でシニカルかつ風刺的に描いている。またそれぞれのエピソードごとにオチがあり、どの箇所でもサゲられるようになっていて、時間調整が効く噺という利点もある。このため最後のエピソードまで演じられることはそれほど多くはない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 278894 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1847 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57049966 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 初天神(はつてんじん)その年の最初の天神(菅原道真)を祀る神社(天満宮・天神社)の縁日。1月25日。古典落語の演目のひとつ。以下で詳説。『初天神』(はつてんじん)は、古典落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。毎年1月25日に天満宮で行なわれる年の初めの祭りに出かけた、父親と息子の絆を描いている。松富久亭松竹の作と伝わっており、3代目三遊亭圓馬が大正期に東京落語に移植した。また、上方落語でもこの演目は演じられ続けている。正月に好んで披露される作品である。息子に振り回されて困惑気味の父を、やや冷めた目線でシニカルかつ風刺的に描いている。またそれぞれのエピソードごとにオチがあり、どの箇所でもサゲられるようになっていて、時間調整が効く噺という利点もある。このため最後のエピソードまで演じられることはそれほど多くはない。
rdfs:label
  • 初天神
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:神事 of
is foaf:primaryTopic of