Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『刑事物語』(けいじものがたり)は、1982年から1987年までに全5作が公開された日本映画のシリーズ。原作、脚本(第4作を除く)、主演に武田鉄矢(ただし原作と脚本はペンネームである片山蒼名義)。キネマ旬報社が製作し、東宝が配給した(ただし第1作の版権配給権は現在サンリオが所有)。芸術性を重視するベストテンの伝統で知られるキネマ旬報社の初製作としては意表を突く娯楽路線、プログラムピクチャー路線で興行成績は悪くなかったが、自社誌『キネマ旬報』のベストテンでは無視された。一般には、武田が演じる片山刑事がハンガーをヌンチャクのように振るって相手を叩きのめす「ハンガーヌンチャク」と呼ばれるシーンが有名である。これはできるようになるまで数ヶ月の練習を要したという。また武田が劇中で操る蟷螂拳は、第1シリーズ撮影前に松田隆智から習ったものである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 524050 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11527 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 277 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58155198 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『刑事物語』(けいじものがたり)は、1982年から1987年までに全5作が公開された日本映画のシリーズ。原作、脚本(第4作を除く)、主演に武田鉄矢(ただし原作と脚本はペンネームである片山蒼名義)。キネマ旬報社が製作し、東宝が配給した(ただし第1作の版権配給権は現在サンリオが所有)。芸術性を重視するベストテンの伝統で知られるキネマ旬報社の初製作としては意表を突く娯楽路線、プログラムピクチャー路線で興行成績は悪くなかったが、自社誌『キネマ旬報』のベストテンでは無視された。一般には、武田が演じる片山刑事がハンガーをヌンチャクのように振るって相手を叩きのめす「ハンガーヌンチャク」と呼ばれるシーンが有名である。これはできるようになるまで数ヶ月の練習を要したという。また武田が劇中で操る蟷螂拳は、第1シリーズ撮影前に松田隆智から習ったものである。
rdfs:label
  • 刑事物語
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of