切腹(せっぷく)は、自らの腹部を短刀で切り裂いて死ぬ自殺の一方法。腹切り(はらきり)、割腹(かっぷく)、屠腹(とふく)ともいう。主に武士などが行った日本独特の習俗。 外国でも日本の風習としてよく知られ、hara-kiriやseppukuとして辞書に載っている。

Property Value
dbo:abstract
  • 切腹(せっぷく)は、自らの腹部を短刀で切り裂いて死ぬ自殺の一方法。腹切り(はらきり)、割腹(かっぷく)、屠腹(とふく)ともいう。主に武士などが行った日本独特の習俗。 外国でも日本の風習としてよく知られ、hara-kiriやseppukuとして辞書に載っている。 (ja)
  • 切腹(せっぷく)は、自らの腹部を短刀で切り裂いて死ぬ自殺の一方法。腹切り(はらきり)、割腹(かっぷく)、屠腹(とふく)ともいう。主に武士などが行った日本独特の習俗。 外国でも日本の風習としてよく知られ、hara-kiriやseppukuとして辞書に載っている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 73550 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13144 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81583513 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
  • 20011004192141 (xsd:double)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 『切腹の話』 (ja)
  • 『切腹の話』 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 切腹(せっぷく)は、自らの腹部を短刀で切り裂いて死ぬ自殺の一方法。腹切り(はらきり)、割腹(かっぷく)、屠腹(とふく)ともいう。主に武士などが行った日本独特の習俗。 外国でも日本の風習としてよく知られ、hara-kiriやseppukuとして辞書に載っている。 (ja)
  • 切腹(せっぷく)は、自らの腹部を短刀で切り裂いて死ぬ自殺の一方法。腹切り(はらきり)、割腹(かっぷく)、屠腹(とふく)ともいう。主に武士などが行った日本独特の習俗。 外国でも日本の風習としてよく知られ、hara-kiriやseppukuとして辞書に載っている。 (ja)
rdfs:label
  • 切腹 (ja)
  • 切腹 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:deathCause of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:死因 of
is prop-ja:退任理由 of
is foaf:primaryTopic of