Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 分類(ぶんるい)とは、複数の事物や現象を、何らかの基準に従って区分することによって体系づけることである。そうして作られたグループをカテゴリという。しかし、凡そ分類というのはある特定の観点から分けられた便宜的なものに過ぎず、別の観点からは異なる分類が可能であり、カテゴリ間に明確な境界がないことも多い。たとえば、「あるものに開けられた穴の数による分類」であればデジタル値であるから混乱は起こりにくいし、「奈良時代・平安時代・鎌倉時代」なども比較的区分の根拠が明確であるが、「大型・中型・小型」「古代・中世・近世・近代・現代」「管楽器・弦楽器・打楽器」などといった分類は、特定の分野あるいは流派などでしか通用しない、あるいは時と場合によって異なるような全く恣意的なものである。他方で、地球上のあらゆる生物は、たったひとつの共通の祖先(原始生命体)から進化してきたと考えられていることから、DNAの変化を基本とする系統関係に基づく正しい分類のあり方が存在するものとみなされており、これが分類学と呼ばれる学問分野の現在の存立基盤となっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 106595 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2386 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58427661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --06-24
prop-ja:独自研究
  • --06-24
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 分類(ぶんるい)とは、複数の事物や現象を、何らかの基準に従って区分することによって体系づけることである。そうして作られたグループをカテゴリという。しかし、凡そ分類というのはある特定の観点から分けられた便宜的なものに過ぎず、別の観点からは異なる分類が可能であり、カテゴリ間に明確な境界がないことも多い。たとえば、「あるものに開けられた穴の数による分類」であればデジタル値であるから混乱は起こりにくいし、「奈良時代・平安時代・鎌倉時代」なども比較的区分の根拠が明確であるが、「大型・中型・小型」「古代・中世・近世・近代・現代」「管楽器・弦楽器・打楽器」などといった分類は、特定の分野あるいは流派などでしか通用しない、あるいは時と場合によって異なるような全く恣意的なものである。他方で、地球上のあらゆる生物は、たったひとつの共通の祖先(原始生命体)から進化してきたと考えられていることから、DNAの変化を基本とする系統関係に基づく正しい分類のあり方が存在するものとみなされており、これが分類学と呼ばれる学問分野の現在の存立基盤となっている。
rdfs:label
  • 分類
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:下位分類 of
is foaf:primaryTopic of