Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 化学における分子の対称性(ぶんしのたいしょうせい、英: molecular symmetry)は、分子に存在する対称性およびその対称性に応じた分子の分類を表現する。分子対称性は化学における基本概念であり、双極子モーメントや許容分光遷移(ラポルテの規則といった選択則に基づく)といった分子の化学的性質の多くを予測あるいは説明することができる。多くの大学レベルの物理化学や量子化学、無機化学の教科書は、対称性のために一章を割いている。分子の対称性の研究には様々な枠組みが存在するが、群論が主要な枠組みである。この枠組みは、ヒュッケル法、配位子場理論、ウッドワード・ホフマン則といった応用に伴って分子軌道の対称性の研究にも有用である。大規模な系では、固体材料の結晶学的対称性を説明するために結晶系が枠組みとして使用されている。分子対称性を実質的に評価するためには、X線結晶学や様々な分光学的手法(例えば金属カルボニルの赤外分光法)など多くの技術が存在する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2992025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58631593 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 化学における分子の対称性(ぶんしのたいしょうせい、英: molecular symmetry)は、分子に存在する対称性およびその対称性に応じた分子の分類を表現する。分子対称性は化学における基本概念であり、双極子モーメントや許容分光遷移(ラポルテの規則といった選択則に基づく)といった分子の化学的性質の多くを予測あるいは説明することができる。多くの大学レベルの物理化学や量子化学、無機化学の教科書は、対称性のために一章を割いている。分子の対称性の研究には様々な枠組みが存在するが、群論が主要な枠組みである。この枠組みは、ヒュッケル法、配位子場理論、ウッドワード・ホフマン則といった応用に伴って分子軌道の対称性の研究にも有用である。大規模な系では、固体材料の結晶学的対称性を説明するために結晶系が枠組みとして使用されている。分子対称性を実質的に評価するためには、X線結晶学や様々な分光学的手法(例えば金属カルボニルの赤外分光法)など多くの技術が存在する。
rdfs:label
  • 分子対称性
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of