Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 出血性炎症(しゅっけつせいえんしょう)とは、炎症巣の滲出性炎症のことであり、著しい出血がみられる。多量の赤血球細胞を含んでいる炎症細胞なので、血管壁は傷害を受けている。小児のインフルエンザ肺炎、劇症型肝炎、日本脳炎、肺出血で見られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1234975 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 295 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46526438 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 出血性炎症(しゅっけつせいえんしょう)とは、炎症巣の滲出性炎症のことであり、著しい出血がみられる。多量の赤血球細胞を含んでいる炎症細胞なので、血管壁は傷害を受けている。小児のインフルエンザ肺炎、劇症型肝炎、日本脳炎、肺出血で見られる。
rdfs:label
  • 出血性炎症
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of