Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 出血(しゅっけつ、hemorrhage)とは、血管から血液の全成分が出ることを指す。文献によっては「赤血球が血管外に出ること」としているものもある。通常でも血管壁からは血漿や白血球は出入りしているため、これらの成分のみが血管から出入りする場合は出血とは言わない。出血部位により動脈性出血、静脈性出血、毛細血管性出血、成立機序により破綻性出血、漏出性出血に分類される。出血により血液成分が体外に移行するものを外出血、体内に移行するものを内出血と呼ぶ。急激な多量の出血では、血圧が急激に低下し、ショック状態に陥り死亡することがある(乏血性ショック)。
dbpedia-owl:commonName
  • 出血
dbpedia-owl:icd10
  • R58
dbpedia-owl:meshId
  • D006470
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 592758 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58458576 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:field
  • Emergency medicine
prop-ja:icd
  • R58
prop-ja:medlineplus
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:meshid
  • D006470
prop-ja:name
  • 出血
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 出血(しゅっけつ、hemorrhage)とは、血管から血液の全成分が出ることを指す。文献によっては「赤血球が血管外に出ること」としているものもある。通常でも血管壁からは血漿や白血球は出入りしているため、これらの成分のみが血管から出入りする場合は出血とは言わない。出血部位により動脈性出血、静脈性出血、毛細血管性出血、成立機序により破綻性出血、漏出性出血に分類される。出血により血液成分が体外に移行するものを外出血、体内に移行するものを内出血と呼ぶ。急激な多量の出血では、血圧が急激に低下し、ショック状態に陥り死亡することがある(乏血性ショック)。
rdfs:label
  • 出血
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of