出家(しゅっけ、巴: pabbajjā、梵: प्रव्रज्या pravrajyā) とは、師僧から正しい戒律である『』や『具足戒』を授かって世俗を離れ、家庭生活を捨て仏教コミュニティ(サンガ)に入ることである。落飾(らくしょく)ともいう。在家(ざいけ)と対比される。対義語は還俗(げんぞく、“俗界に還る”の意)。 インドでは、紀元前5世紀頃、バラモン教の伝統的権威を認めない沙門(しゃもん,サマナ)と呼ばれる修行者が現れ、解脱(げだつ)への道を求めて禅定や苦行などの修行にいそしんだ。有力な沙門の下には多くの弟子が集まり、出家者集団を形成したが、釈迦もその沙門の1人であった。 仏教における出家の伝統はこれに由来する。仏教教団において剃髪(ていはつ)して袈裟を被い、「正式に受戒(じゅかい)して入門した沙弥や沙弥尼」になることを言うが、その後、「具足戒を受けて正規の僧となった比丘や比丘尼」を呼ぶ場合にも使う。

Property Value
dbo:abstract
  • 出家(しゅっけ、巴: pabbajjā、梵: प्रव्रज्या pravrajyā) とは、師僧から正しい戒律である『』や『具足戒』を授かって世俗を離れ、家庭生活を捨て仏教コミュニティ(サンガ)に入ることである。落飾(らくしょく)ともいう。在家(ざいけ)と対比される。対義語は還俗(げんぞく、“俗界に還る”の意)。 インドでは、紀元前5世紀頃、バラモン教の伝統的権威を認めない沙門(しゃもん,サマナ)と呼ばれる修行者が現れ、解脱(げだつ)への道を求めて禅定や苦行などの修行にいそしんだ。有力な沙門の下には多くの弟子が集まり、出家者集団を形成したが、釈迦もその沙門の1人であった。 仏教における出家の伝統はこれに由来する。仏教教団において剃髪(ていはつ)して袈裟を被い、「正式に受戒(じゅかい)して入門した沙弥や沙弥尼」になることを言うが、その後、「具足戒を受けて正規の僧となった比丘や比丘尼」を呼ぶ場合にも使う。 (ja)
  • 出家(しゅっけ、巴: pabbajjā、梵: प्रव्रज्या pravrajyā) とは、師僧から正しい戒律である『』や『具足戒』を授かって世俗を離れ、家庭生活を捨て仏教コミュニティ(サンガ)に入ることである。落飾(らくしょく)ともいう。在家(ざいけ)と対比される。対義語は還俗(げんぞく、“俗界に還る”の意)。 インドでは、紀元前5世紀頃、バラモン教の伝統的権威を認めない沙門(しゃもん,サマナ)と呼ばれる修行者が現れ、解脱(げだつ)への道を求めて禅定や苦行などの修行にいそしんだ。有力な沙門の下には多くの弟子が集まり、出家者集団を形成したが、釈迦もその沙門の1人であった。 仏教における出家の伝統はこれに由来する。仏教教団において剃髪(ていはつ)して袈裟を被い、「正式に受戒(じゅかい)して入門した沙弥や沙弥尼」になることを言うが、その後、「具足戒を受けて正規の僧となった比丘や比丘尼」を呼ぶ場合にも使う。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 13492 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3662 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79479551 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:en
  • to go forth (ja)
  • to go forth (ja)
prop-ja:ja
  • 出家 (ja)
  • 出家 (ja)
prop-ja:pi
  • pravrajya (ja)
  • pravrajya (ja)
prop-ja:sa
  • प्रव्रज्या, pravrajya (ja)
  • प्रव्रज्या, pravrajya (ja)
prop-ja:title
  • 出家 (ja)
  • 出家 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zh
  • 出家 (ja)
  • 出家 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 出家(しゅっけ、巴: pabbajjā、梵: प्रव्रज्या pravrajyā) とは、師僧から正しい戒律である『』や『具足戒』を授かって世俗を離れ、家庭生活を捨て仏教コミュニティ(サンガ)に入ることである。落飾(らくしょく)ともいう。在家(ざいけ)と対比される。対義語は還俗(げんぞく、“俗界に還る”の意)。 インドでは、紀元前5世紀頃、バラモン教の伝統的権威を認めない沙門(しゃもん,サマナ)と呼ばれる修行者が現れ、解脱(げだつ)への道を求めて禅定や苦行などの修行にいそしんだ。有力な沙門の下には多くの弟子が集まり、出家者集団を形成したが、釈迦もその沙門の1人であった。 仏教における出家の伝統はこれに由来する。仏教教団において剃髪(ていはつ)して袈裟を被い、「正式に受戒(じゅかい)して入門した沙弥や沙弥尼」になることを言うが、その後、「具足戒を受けて正規の僧となった比丘や比丘尼」を呼ぶ場合にも使う。 (ja)
  • 出家(しゅっけ、巴: pabbajjā、梵: प्रव्रज्या pravrajyā) とは、師僧から正しい戒律である『』や『具足戒』を授かって世俗を離れ、家庭生活を捨て仏教コミュニティ(サンガ)に入ることである。落飾(らくしょく)ともいう。在家(ざいけ)と対比される。対義語は還俗(げんぞく、“俗界に還る”の意)。 インドでは、紀元前5世紀頃、バラモン教の伝統的権威を認めない沙門(しゃもん,サマナ)と呼ばれる修行者が現れ、解脱(げだつ)への道を求めて禅定や苦行などの修行にいそしんだ。有力な沙門の下には多くの弟子が集まり、出家者集団を形成したが、釈迦もその沙門の1人であった。 仏教における出家の伝統はこれに由来する。仏教教団において剃髪(ていはつ)して袈裟を被い、「正式に受戒(じゅかい)して入門した沙弥や沙弥尼」になることを言うが、その後、「具足戒を受けて正規の僧となった比丘や比丘尼」を呼ぶ場合にも使う。 (ja)
rdfs:label
  • 出家 (ja)
  • 出家 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of