Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 凝花舎(ぎょうかしゃ)とは、平安御所の後宮の七殿五舎のうちの一つ。女御などが居住した他、清涼殿に近いことからしばしば東宮御所や摂政・関白の直廬(詰め所)ともされた。庭に紅白の梅が植えてあったところから、梅壺(うめつぼ)ともいう。清涼殿からは北西。飛香舎(藤壺)の北。襲芳舎(雷鳴壷)の南。凝花舎を賜っていた内で最も有名なのは、円融天皇の女御で、一条天皇の母である東三条院詮子(藤原兼家女)である。その他に凝花舎を賜っていたのが知られるのは、 後朱雀天皇女御・藤原生子(藤原教通女) 後三条天皇女御・源基子(源基平女) 後白河天皇女御・三条琮子
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 845576 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 499 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 45409640 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 凝花舎(ぎょうかしゃ)とは、平安御所の後宮の七殿五舎のうちの一つ。女御などが居住した他、清涼殿に近いことからしばしば東宮御所や摂政・関白の直廬(詰め所)ともされた。庭に紅白の梅が植えてあったところから、梅壺(うめつぼ)ともいう。清涼殿からは北西。飛香舎(藤壺)の北。襲芳舎(雷鳴壷)の南。凝花舎を賜っていた内で最も有名なのは、円融天皇の女御で、一条天皇の母である東三条院詮子(藤原兼家女)である。その他に凝花舎を賜っていたのが知られるのは、 後朱雀天皇女御・藤原生子(藤原教通女) 後三条天皇女御・源基子(源基平女) 後白河天皇女御・三条琮子
rdfs:label
  • 凝花舎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of