Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 冷陰極管(れいいんきょくかん)とは陰極からの電子の放出に外部から加熱用エネルギーの供給を必要としない電子管の総称である。代表例としては、古くはクルックス管やガイスラー管、ネオンランプ、光電管、最初期のブラウン管等があり、近年では冷陰極を使用した小型蛍光管が液晶バックライト用の光源として急速に発展した。以下特に冷陰極蛍光管について述べる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 421389 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3334 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58439280 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 冷陰極管(れいいんきょくかん)とは陰極からの電子の放出に外部から加熱用エネルギーの供給を必要としない電子管の総称である。代表例としては、古くはクルックス管やガイスラー管、ネオンランプ、光電管、最初期のブラウン管等があり、近年では冷陰極を使用した小型蛍光管が液晶バックライト用の光源として急速に発展した。以下特に冷陰極蛍光管について述べる。
rdfs:label
  • 冷陰極管
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of