Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 円偏光二色性(えんへんこうにしょくせい)とは、その内部構造がキラルな物質が円偏光を吸収する際に左円偏光と右円偏光に対して吸光度に差が生じる現象のことである。円二色性(えんにしょくせい)あるいは CD (circular dichroism) とも呼ばれている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 134290 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49995304 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 円偏光二色性(えんへんこうにしょくせい)とは、その内部構造がキラルな物質が円偏光を吸収する際に左円偏光と右円偏光に対して吸光度に差が生じる現象のことである。円二色性(えんにしょくせい)あるいは CD (circular dichroism) とも呼ばれている。
rdfs:label
  • 円偏光二色性
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of