Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 内藤 政広(ないとう まさひろ)は、江戸時代の大名。陸奥湯長谷藩の第7代藩主。明和7年(1770年)、第6代藩主・内藤貞幹の次男として生まれる。長兄の政為が病弱を理由に廃嫡されたため、世子となる。安永7年(1778年)、父の死去で跡を継いだ。天明2年(1782年)より天明の大飢饉が発生し領内で多数の死者を出した。天明7年(1787年)9月13日、18歳の若さで死去した。実子はなく、弟の政偏が養子となって跡を継いだ。
dbpedia-owl:alias
  • 雅之進(幼名)、政広
  • 顕明院殿端光玉山大居士
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 487446 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 855 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47009122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:墓所
  • 神奈川県鎌倉市の光明寺
prop-ja:
  • 養子:内藤政偏
prop-ja:幕府
prop-ja:戒名
  • 顕明院殿端光玉山大居士
prop-ja:改名
  • 雅之進(幼名)、政広
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --09-13
prop-ja:氏名
  • 内藤 政広
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:内藤貞幹、母:土方雄端の娘
prop-ja:生誕
  • 明和7年(1770年)
prop-ja:
  • 陸奥国湯長谷藩主
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 内藤 政広(ないとう まさひろ)は、江戸時代の大名。陸奥湯長谷藩の第7代藩主。明和7年(1770年)、第6代藩主・内藤貞幹の次男として生まれる。長兄の政為が病弱を理由に廃嫡されたため、世子となる。安永7年(1778年)、父の死去で跡を継いだ。天明2年(1782年)より天明の大飢饉が発生し領内で多数の死者を出した。天明7年(1787年)9月13日、18歳の若さで死去した。実子はなく、弟の政偏が養子となって跡を継いだ。
rdfs:label
  • 内藤政広
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 内藤 政広
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of