Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 内燃機関(ないねんきかん)とは、燃料をシリンダー内で燃焼させ、その熱エネルギーによって仕事をする原動機。原動機の中でも特に燃焼ガスを直接作動流体として用いる熱機関である。インターナル・コンバッション・エンジン(internal-combustion engine) の訳語であり、内部(インターナル)で燃料を燃焼(コンバッション)させて動力を取り出す機関(エンジン)である。「機関」も「エンジン」も、複雑な機構を持つ装置という意味を持つが、ここでは発動機という意味である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9087 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 170 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58772446 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 内燃機関(ないねんきかん)とは、燃料をシリンダー内で燃焼させ、その熱エネルギーによって仕事をする原動機。原動機の中でも特に燃焼ガスを直接作動流体として用いる熱機関である。インターナル・コンバッション・エンジン(internal-combustion engine) の訳語であり、内部(インターナル)で燃料を燃焼(コンバッション)させて動力を取り出す機関(エンジン)である。「機関」も「エンジン」も、複雑な機構を持つ装置という意味を持つが、ここでは発動機という意味である。
rdfs:label
  • 内燃機関
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:field of
is prop-ja:専門分野 of
is foaf:primaryTopic of