Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 内湯(うちゆ)とは、温泉地にある旅館において、その宿が保有する風呂のこと。外湯の対義語である。古くからの温泉街や湯治場の多くは、温泉は外湯のみで、各旅館は寝泊りする場を提供するのみであった。源泉開発の技術向上や、配湯設備が整うにつれ、各旅館が自前で風呂を保有するようになり、宿の外に出ずとも入浴できると言うことで内湯と呼ばれるようになった。今日では、日帰り入浴施設や銭湯などにおいて屋内にある浴槽も内湯と呼ぶ。この場合の対義語は、屋外にある風呂である露天風呂である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 390102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 614 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50343107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 内湯(うちゆ)とは、温泉地にある旅館において、その宿が保有する風呂のこと。外湯の対義語である。古くからの温泉街や湯治場の多くは、温泉は外湯のみで、各旅館は寝泊りする場を提供するのみであった。源泉開発の技術向上や、配湯設備が整うにつれ、各旅館が自前で風呂を保有するようになり、宿の外に出ずとも入浴できると言うことで内湯と呼ばれるようになった。今日では、日帰り入浴施設や銭湯などにおいて屋内にある浴槽も内湯と呼ぶ。この場合の対義語は、屋外にある風呂である露天風呂である。
rdfs:label
  • 内湯
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of