Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 内山 彦次郎(うちやま ひこじろう、寛政9年(1797年)‐元治元年5月20日(1864年6月23日))は、幕末の大坂西町奉行組与力である。最終的には与力の最上位の役である諸御用調役を務め、また遠国奉行組与力としては異例の譜代御家人に取り立てられた。名は之昌(ゆきまさ)。菩提寺は寒山寺(大阪市から現在地の箕面市に移転)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 228270 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2341 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 57 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53813382 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 内山 彦次郎(うちやま ひこじろう、寛政9年(1797年)‐元治元年5月20日(1864年6月23日))は、幕末の大坂西町奉行組与力である。最終的には与力の最上位の役である諸御用調役を務め、また遠国奉行組与力としては異例の譜代御家人に取り立てられた。名は之昌(ゆきまさ)。菩提寺は寒山寺(大阪市から現在地の箕面市に移転)。
rdfs:label
  • 内山彦次郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of