Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 兵(へい)は軍隊における階級群のひとつで、下士官の下に置かれる最下級の軍人である。似たような言葉に兵士や兵隊があるが、ここでは1945年まで置かれていた旧日本軍の兵についてのみ触れる。陸軍は下から二等兵、一等兵、上等兵と分かれていた。入営すると二等兵となり、以後上長の選考を経て一等兵になり、更に成績優秀な者に上等兵になる者がいた。他に公務による傷病、疾病のため危篤に陥った者、抜群の功績をあげた者が、特に上等兵に進級した。海軍は時期により呼称が変わるが下から四等兵、三等兵、二等兵、一等兵と分かれていた。まず海兵団に入団し、四等兵となった。以後進級試験を行ない、その合格者につき実務の状態を考慮して在籍鎮守府司令長官がこれを進級させた。陸海軍兵ともに戦時、事変に際し功績の抜群の者などが、特に進級することがあり、召集中の予備役兵の成績の優秀な、あるいは行為の卓越した者が、特殊進級をすることがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 400456 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13685 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57730974 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 兵(へい)は軍隊における階級群のひとつで、下士官の下に置かれる最下級の軍人である。似たような言葉に兵士や兵隊があるが、ここでは1945年まで置かれていた旧日本軍の兵についてのみ触れる。陸軍は下から二等兵、一等兵、上等兵と分かれていた。入営すると二等兵となり、以後上長の選考を経て一等兵になり、更に成績優秀な者に上等兵になる者がいた。他に公務による傷病、疾病のため危篤に陥った者、抜群の功績をあげた者が、特に上等兵に進級した。海軍は時期により呼称が変わるが下から四等兵、三等兵、二等兵、一等兵と分かれていた。まず海兵団に入団し、四等兵となった。以後進級試験を行ない、その合格者につき実務の状態を考慮して在籍鎮守府司令長官がこれを進級させた。陸海軍兵ともに戦時、事変に際し功績の抜群の者などが、特に進級することがあり、召集中の予備役兵の成績の優秀な、あるいは行為の卓越した者が、特殊進級をすることがある。
rdfs:label
  • 兵 (日本軍)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of