Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 共生マーケティング(きょうせいマーケティング、英: Commensal Marketing, Symbiotic Marketing)あるいはコ・マーケティング(w:Co-marketing)とは、企業と企業、企業と消費者、国と国、人間と自然が共に生きることを大前提とし、利益よりも信頼を最優先する自由市場経済におけるマーケティングをいう。企業同士のコラボレーションはもちろん、企業と消費者がソーシャルメディア等を通じて相互にグローバルに作用し合いながら、コモディティ、コスト、コミュニケーション、チャネル戦略を遂行するというもの。特に消費者の信頼を第一とする食品業界等では関心を持ちはじめ、導入を検討しているところも出ている。企業はかつて公害問題を解決できたのであるから、子育ても介護も、地球環境問題と同様に企業経営の中で社会的コストを考慮して考えていくことになるというもの。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1774776 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6779 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58513030 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 共生マーケティング(きょうせいマーケティング、英: Commensal Marketing, Symbiotic Marketing)あるいはコ・マーケティング(w:Co-marketing)とは、企業と企業、企業と消費者、国と国、人間と自然が共に生きることを大前提とし、利益よりも信頼を最優先する自由市場経済におけるマーケティングをいう。企業同士のコラボレーションはもちろん、企業と消費者がソーシャルメディア等を通じて相互にグローバルに作用し合いながら、コモディティ、コスト、コミュニケーション、チャネル戦略を遂行するというもの。特に消費者の信頼を第一とする食品業界等では関心を持ちはじめ、導入を検討しているところも出ている。企業はかつて公害問題を解決できたのであるから、子育ても介護も、地球環境問題と同様に企業経営の中で社会的コストを考慮して考えていくことになるというもの。
rdfs:label
  • 共生マーケティング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of