Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 六角 義秀(ろっかく よしひで、天文元年(1532年) - 永禄12年(1569年))は、戦国時代から安土桃山時代にかけて実在したと主張されている武将。六角氏嫡流の六角氏綱の子(または氏綱の子である六角義実の子)。母は後奈良天皇典侍。正室は織田信広の娘(信長養女)。子に義郷、氏定らがいる。官途は参議、修理大夫。幼名は日吉丸、亀寿丸と伝わる。しかし歴史学の一般的な通説においては、氏綱の弟の六角定頼が家督を継承し、以降定頼の子孫が六角氏の家督を継いだと考えられており、義秀の系統は信頼性は高くない近世の系図類と江源武鑑などの偽書にしかなく、子孫を称した沢田源内による江戸期の系図改変のなかで創作されたものとされている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1106794 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1730 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54165950 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2008 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1569年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 六角 義秀(ろっかく よしひで、天文元年(1532年) - 永禄12年(1569年))は、戦国時代から安土桃山時代にかけて実在したと主張されている武将。六角氏嫡流の六角氏綱の子(または氏綱の子である六角義実の子)。母は後奈良天皇典侍。正室は織田信広の娘(信長養女)。子に義郷、氏定らがいる。官途は参議、修理大夫。幼名は日吉丸、亀寿丸と伝わる。しかし歴史学の一般的な通説においては、氏綱の弟の六角定頼が家督を継承し、以降定頼の子孫が六角氏の家督を継いだと考えられており、義秀の系統は信頼性は高くない近世の系図類と江源武鑑などの偽書にしかなく、子孫を称した沢田源内による江戸期の系図改変のなかで創作されたものとされている。
rdfs:label
  • 六角義秀
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of