Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 六角堂(ろっかくどう)は、茨城県北茨城市にある六角形の建築物。明治時代に岡倉天心(岡倉覚三)が思索の場所として自ら設計したもので、茨城大学が管理する。五浦六角堂・五浦の六角堂とも称する。「関東の松島」の異名を持つ景勝地・五浦海岸の中でも優れた景観を示すところに建つ。岡倉天心旧宅・庭園及び大五浦・小五浦の一部として国の登録記念物に登録されている。岡倉天心による六角堂は茨城大学美術文化研究所六角堂(いばらきだいがくびじゅつぶんかけんきゅうじょろっかくどう)の名称で国の登録有形文化財に登録されていたが、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う津波の直撃を受け、土台のみを残して姿を消した。2012年(平成24年)4月17日に完成式が行われ、再建された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2550242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18566 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59188893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 再建された六角堂(2012年5月)
prop-ja:complete
  • 1905 (xsd:integer)
  • --04-17
prop-ja:designer
prop-ja:extra
prop-ja:height
  • 4.8m
prop-ja:location
  • 茨城県北茨城市大津町五浦727-2
prop-ja:material
prop-ja:monumentName
  • 六角堂
prop-ja:type
  • 美術史遺跡
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 36.833416666666665 140.80333333333334
rdf:type
rdfs:comment
  • 六角堂(ろっかくどう)は、茨城県北茨城市にある六角形の建築物。明治時代に岡倉天心(岡倉覚三)が思索の場所として自ら設計したもので、茨城大学が管理する。五浦六角堂・五浦の六角堂とも称する。「関東の松島」の異名を持つ景勝地・五浦海岸の中でも優れた景観を示すところに建つ。岡倉天心旧宅・庭園及び大五浦・小五浦の一部として国の登録記念物に登録されている。岡倉天心による六角堂は茨城大学美術文化研究所六角堂(いばらきだいがくびじゅつぶんかけんきゅうじょろっかくどう)の名称で国の登録有形文化財に登録されていたが、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う津波の直撃を受け、土台のみを残して姿を消した。2012年(平成24年)4月17日に完成式が行われ、再建された。
rdfs:label
  • 六角堂 (北茨城市)
owl:sameAs
geo:lat
  • 36.833416 (xsd:float)
geo:long
  • 140.803329 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of