六条院(ろくじょういん、ろくじょうのいん)は、紫式部作の『源氏物語』に登場する架空の建築物。主人公・光源氏の中年以降の邸宅。転じて太上天皇となって以降の源氏のことも指す。モデルとして源融の河原院を始め、東三条殿や土御門殿など実在した邸宅が挙げられる。

Property Value
dbo:abstract
  • 六条院(ろくじょういん、ろくじょうのいん)は、紫式部作の『源氏物語』に登場する架空の建築物。主人公・光源氏の中年以降の邸宅。転じて太上天皇となって以降の源氏のことも指す。モデルとして源融の河原院を始め、東三条殿や土御門殿など実在した邸宅が挙げられる。 (ja)
  • 六条院(ろくじょういん、ろくじょうのいん)は、紫式部作の『源氏物語』に登場する架空の建築物。主人公・光源氏の中年以降の邸宅。転じて太上天皇となって以降の源氏のことも指す。モデルとして源融の河原院を始め、東三条殿や土御門殿など実在した邸宅が挙げられる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1773033 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2155 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79822121 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 六条院(ろくじょういん、ろくじょうのいん)は、紫式部作の『源氏物語』に登場する架空の建築物。主人公・光源氏の中年以降の邸宅。転じて太上天皇となって以降の源氏のことも指す。モデルとして源融の河原院を始め、東三条殿や土御門殿など実在した邸宅が挙げられる。 (ja)
  • 六条院(ろくじょういん、ろくじょうのいん)は、紫式部作の『源氏物語』に登場する架空の建築物。主人公・光源氏の中年以降の邸宅。転じて太上天皇となって以降の源氏のことも指す。モデルとして源融の河原院を始め、東三条殿や土御門殿など実在した邸宅が挙げられる。 (ja)
rdfs:label
  • 六条院 (ja)
  • 六条院 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of