Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 六合雑誌(りくごうざっし)は、1880年(明治13年)に東京市で発行された、キリスト教定期刊行物である。1880年に東京青年会(後の東京YMCA)が、小崎弘道、井深梶之助、田村直臣、植村正久らにより日本の超教派的な働きとして始められる。その秋、1880年10月にキリスト教界の総合雑誌として、六合雑誌が刊行される。これは、超教派で協力して、キリスト教を研究し、修身の道を講じ世の誤謬を明らかにして、キリスト教の真理を世に公にしようとするものであった。1883年6月に創立された警醒社は六合雑誌の刊行を、青年会から引き継いだ。その後、組合教会の執筆者が増えた。1898年にユニテリアンの機関紙『宗教』と合併して、日本ユニテリアン弘道会から発行された。1900年には三並良が編集長になる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2803917 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 733 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51147299 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 六合雑誌(りくごうざっし)は、1880年(明治13年)に東京市で発行された、キリスト教定期刊行物である。1880年に東京青年会(後の東京YMCA)が、小崎弘道、井深梶之助、田村直臣、植村正久らにより日本の超教派的な働きとして始められる。その秋、1880年10月にキリスト教界の総合雑誌として、六合雑誌が刊行される。これは、超教派で協力して、キリスト教を研究し、修身の道を講じ世の誤謬を明らかにして、キリスト教の真理を世に公にしようとするものであった。1883年6月に創立された警醒社は六合雑誌の刊行を、青年会から引き継いだ。その後、組合教会の執筆者が増えた。1898年にユニテリアンの機関紙『宗教』と合併して、日本ユニテリアン弘道会から発行された。1900年には三並良が編集長になる。
rdfs:label
  • 六合雑誌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of