Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 六十四卦(ろくじゅうしけ、ろくじゅうしか)は、占いのひとつで儒教の基本経典でもある易で用いられる基本図象。より基本的な図象である八卦を二つ重ねたもので、それぞれの組み合わせには、一つ一つ占いの文句が付せられ、それが卦辞として書かれている。さらに各卦の6爻、一つ一つにも占いの文句が爻辞としてつけられており、『易経』には全部で64の卦辞、384の爻辞が設けられている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 49684 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11896 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57199544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20110108105420 (xsd:double)
prop-ja:title
  • Last archive copy of James Kass' website
prop-ja:url
  • http://code2000.net/
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 六十四卦(ろくじゅうしけ、ろくじゅうしか)は、占いのひとつで儒教の基本経典でもある易で用いられる基本図象。より基本的な図象である八卦を二つ重ねたもので、それぞれの組み合わせには、一つ一つ占いの文句が付せられ、それが卦辞として書かれている。さらに各卦の6爻、一つ一つにも占いの文句が爻辞としてつけられており、『易経』には全部で64の卦辞、384の爻辞が設けられている。
rdfs:label
  • 六十四卦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of