Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 公達(きんだち)とは、本来は諸王のことを指したが、後代には臣籍にある諸王の子弟や、摂家・清華家などの子弟に対する呼称として用いられた。平安時代中期以降、藤原氏忠平流や宇多天皇以降の賜姓源氏(宇多源氏・醍醐源氏・村上源氏など)などの近衛次将を経て公卿に昇進し得る上流貴族の家系出身者を「公達」と呼ぶようになり、これらの家は「公達」の家格とされた(当時の貴族社会では、「公達」・「諸大夫」・「侍」の家格に分類されていた)。平安時代末期には特に平家の子弟も公達と呼ばれた(ただし彼らは本来は公達の家格ではなく諸大夫以下に属する)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 216564 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 704 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59151738 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 公達(きんだち)とは、本来は諸王のことを指したが、後代には臣籍にある諸王の子弟や、摂家・清華家などの子弟に対する呼称として用いられた。平安時代中期以降、藤原氏忠平流や宇多天皇以降の賜姓源氏(宇多源氏・醍醐源氏・村上源氏など)などの近衛次将を経て公卿に昇進し得る上流貴族の家系出身者を「公達」と呼ぶようになり、これらの家は「公達」の家格とされた(当時の貴族社会では、「公達」・「諸大夫」・「侍」の家格に分類されていた)。平安時代末期には特に平家の子弟も公達と呼ばれた(ただし彼らは本来は公達の家格ではなく諸大夫以下に属する)。
rdfs:label
  • 公達
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of