Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 公図(こうず)とは、土地の境界や建物の位置を確定するための地図で、一般に旧土地台帳施行細則第2条の規定に基づく地図のことを指す(旧土地台帳附属地図と呼ばれることもある)が、広義には下記のものを包括した概念である。不動産登記法第14条第1項に規定する地図不動産登記法第14条第4項に規定する地図に準ずる図面これら(法14条地図又は地図に準ずる図面)は登記所(法務局)が管理し閲覧することができる。法14条地図の縮尺は250分の1、500分の1、1000分の1、2500分の1であり、地図に準ずる図面は300分の1又は600分の1のものがある。全国を網羅するためには数百万枚もの膨大な地図が必要となるが、しばしば測量の誤りを含む古い地図が存在することもある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 631894 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1080 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57762721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 公図(こうず)とは、土地の境界や建物の位置を確定するための地図で、一般に旧土地台帳施行細則第2条の規定に基づく地図のことを指す(旧土地台帳附属地図と呼ばれることもある)が、広義には下記のものを包括した概念である。不動産登記法第14条第1項に規定する地図不動産登記法第14条第4項に規定する地図に準ずる図面これら(法14条地図又は地図に準ずる図面)は登記所(法務局)が管理し閲覧することができる。法14条地図の縮尺は250分の1、500分の1、1000分の1、2500分の1であり、地図に準ずる図面は300分の1又は600分の1のものがある。全国を網羅するためには数百万枚もの膨大な地図が必要となるが、しばしば測量の誤りを含む古い地図が存在することもある。
rdfs:label
  • 公図
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of