Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 八鹿高校事件(ようかこうこうじけん)は、1974年11月22日、兵庫県立八鹿高等学校で、集団下校中の教職員約60名を部落解放同盟の同盟員が学校に連れ戻して約13時間にわたり監禁、暴行し、教師48名が負傷、うち29名が重傷、1名が危篤となった事件。刑事裁判では部落解放同盟の被告人13名が拉致・監禁(致傷)・強要・傷害の罪で起訴され、全員の有罪が確定した。民事裁判は3000万円の損害賠償判決で決着したが糾弾に荷担した兵庫県と県教育委員会は被害者全員に謝罪し慰謝料を支払った。解放同盟兵庫県連もまた、21年間の遅延利息を含む慰謝料全額の賠償に応じたものの、判決については「差別弾圧判決」であると非難し、今なお自らの非を公に認めていない。略称、八高事件。但馬地方ではこの事件以前から部落解放同盟の運動に従わせるために自治体や学校、そして部落解放同盟の過激な運動に反対する日本共産党組織を含む勢力への糾弾・暴力・襲撃事件が起きており、一連の関係事件8件、被害者200名として延べ26名(実人数14名)の解放同盟員が起訴された。それらを総称して、八鹿・朝来事件、八鹿・朝来暴力事件と呼ぶこともある。部落解放同盟の立場からは八鹿差別事件、八鹿高校差別事件、八鹿高校差別教育事件などと呼び、この事件の裁判を「差別裁判」「八鹿高校差別裁判」と呼ぶ。事件当時、中華人民共和国では文化大革命が進行中であり、八鹿高校事件における部落解放同盟員や解放研生徒らの暴力行為は「文化大革命の紅衛兵」になぞらえられることもある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 890472 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 61061 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59253163 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 35.40636111111111 134.76544444444446
rdf:type
rdfs:comment
  • 八鹿高校事件(ようかこうこうじけん)は、1974年11月22日、兵庫県立八鹿高等学校で、集団下校中の教職員約60名を部落解放同盟の同盟員が学校に連れ戻して約13時間にわたり監禁、暴行し、教師48名が負傷、うち29名が重傷、1名が危篤となった事件。刑事裁判では部落解放同盟の被告人13名が拉致・監禁(致傷)・強要・傷害の罪で起訴され、全員の有罪が確定した。民事裁判は3000万円の損害賠償判決で決着したが糾弾に荷担した兵庫県と県教育委員会は被害者全員に謝罪し慰謝料を支払った。解放同盟兵庫県連もまた、21年間の遅延利息を含む慰謝料全額の賠償に応じたものの、判決については「差別弾圧判決」であると非難し、今なお自らの非を公に認めていない。略称、八高事件。但馬地方ではこの事件以前から部落解放同盟の運動に従わせるために自治体や学校、そして部落解放同盟の過激な運動に反対する日本共産党組織を含む勢力への糾弾・暴力・襲撃事件が起きており、一連の関係事件8件、被害者200名として延べ26名(実人数14名)の解放同盟員が起訴された。それらを総称して、八鹿・朝来事件、八鹿・朝来暴力事件と呼ぶこともある。部落解放同盟の立場からは八鹿差別事件、八鹿高校差別事件、八鹿高校差別教育事件などと呼び、この事件の裁判を「差別裁判」「八鹿高校差別裁判」と呼ぶ。事件当時、中華人民共和国では文化大革命が進行中であり、八鹿高校事件における部落解放同盟員や解放研生徒らの暴力行為は「文化大革命の紅衛兵」になぞらえられることもある。
rdfs:label
  • 八鹿高校事件
owl:sameAs
geo:lat
  • 35.406361 (xsd:float)
geo:long
  • 134.765442 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of