Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 八通関古道(パットンカンこどう)は、清朝統治時代の台湾に建設された台湾本島を東西に横断する三本の道路のうちの一つであり、唯一現存する道路である。西は林圮埔(現在の南投県竹山鎮)から東は璞石閣(現在の花蓮県玉里鎮)まで全長152km。中華民国内政部から、国家一級古蹟に指定されている。八通関というのはツオウ族の言語で玉山である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1047541 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2145 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57620849 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 八通関古道(パットンカンこどう)は、清朝統治時代の台湾に建設された台湾本島を東西に横断する三本の道路のうちの一つであり、唯一現存する道路である。西は林圮埔(現在の南投県竹山鎮)から東は璞石閣(現在の花蓮県玉里鎮)まで全長152km。中華民国内政部から、国家一級古蹟に指定されている。八通関というのはツオウ族の言語で玉山である。
rdfs:label
  • 八通関古道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of