Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 八溝山地(やみぞさんち)は、福島県白河市南部から茨城県と栃木県の県境付近を南下し、筑波山に至る山地。福島県東白川郡棚倉町と茨城県久慈郡大子町に跨がって座す八溝山を主峰とする。阿武隈高地とは棚倉構造線によって生じた地溝を流れ下る久慈川によって隔てられる。かつては広義の阿武隈高地に含めることもあったが、今日では別のものと考えられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 271335 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58891488 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • 八溝山地
prop-ja:所在地
  • 福島県・茨城県・栃木県
prop-ja:最高峰
prop-ja:標高
  • 1022 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • --06-14
prop-ja:経度分
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 55 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 36 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 49 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 八溝山地(やみぞさんち)は、福島県白河市南部から茨城県と栃木県の県境付近を南下し、筑波山に至る山地。福島県東白川郡棚倉町と茨城県久慈郡大子町に跨がって座す八溝山を主峰とする。阿武隈高地とは棚倉構造線によって生じた地溝を流れ下る久慈川によって隔てられる。かつては広義の阿武隈高地に含めることもあったが、今日では別のものと考えられている。
rdfs:label
  • 八溝山地
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:alpsGroup of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:上位山系 of
is prop-ja:山系 of
is foaf:primaryTopic of