Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 八条上杉家(はちじょううえすぎけ)は、上杉氏の諸家のひとつ。二橋上杉家・上杉朝定の子・朝顕を氏祖とする。室町時代には京都壬生に拠点を置き、越後国鵜川荘などを領していた。享徳の乱では山内・越後上杉氏らと共に五十子に在陣している。戦国時代になると越後国に下り、八条龍松を上杉房能の養子とするなどして越後への政治的介入を強めたが、その過程で越後守護代長尾氏と対立するようになる。永正3年(1506年)に長尾能景が般若野の戦いで戦死し、跡を長尾為景が継ぐと、両者の対立は表面化し、越後永正の乱では八条尾張守・龍松父子や八条成定が自害に追い込まれるなどして、大きな打撃を受けた。近年の研究では、戦国時代に現れる琵琶島氏は八条上杉氏とみられている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1589499 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1020 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51998259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 八条上杉家(はちじょううえすぎけ)は、上杉氏の諸家のひとつ。二橋上杉家・上杉朝定の子・朝顕を氏祖とする。室町時代には京都壬生に拠点を置き、越後国鵜川荘などを領していた。享徳の乱では山内・越後上杉氏らと共に五十子に在陣している。戦国時代になると越後国に下り、八条龍松を上杉房能の養子とするなどして越後への政治的介入を強めたが、その過程で越後守護代長尾氏と対立するようになる。永正3年(1506年)に長尾能景が般若野の戦いで戦死し、跡を長尾為景が継ぐと、両者の対立は表面化し、越後永正の乱では八条尾張守・龍松父子や八条成定が自害に追い込まれるなどして、大きな打撃を受けた。近年の研究では、戦国時代に現れる琵琶島氏は八条上杉氏とみられている。
rdfs:label
  • 八条上杉家
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of