Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 八幡空襲(やはたくうしゅう)は、第二次世界大戦中の1944年6月16日未明、アメリカ陸軍航空軍第58爆撃団の戦略爆撃機B-29が陸上基地を拠点として行った初めての日本本土空襲。九州北部の官営八幡製鐵所を第一目標として計75機のB-29が出撃し、うち47機が八幡などを爆撃した。八幡製鐵所の被害は極僅かであったが、爆撃は北九州5都市(八幡、小倉、戸畑、門司、若松)におよび、270名以上が犠牲となった。なお、米軍側報告では作戦中の事故により5機のB-29が損失、2機が日本軍機により撃墜とされた。これに対し、日本側報告では撃墜6機(内不確実2機)、撃破7機、日本側被弾機1機と報じられた。爆撃目標とした八幡製鐵所コークス炉への命中弾はなく、空襲自体は不首尾に終わったが、同日サイパン島に米海軍の上陸を許したこともあり(サイパン島の戦い)、大本営は八幡空襲の報に衝撃を受けた。一方でアメリカや中国ではこの空襲の成果が大々的に報道された。作戦中B-29の収集した情報によって日本本土の防空体制の脆弱さが明らかとなり、その後の大規模な本土空襲の発端ともなった。なお八幡市は、1944年8月20日に中国から飛来したB-29によって2度目の空襲を受けている。さらに翌1945年8月8日の3度目の空襲ではマリアナ諸島基地発のB-29が焼夷弾爆撃を行い、市街地は壊滅的な被害を被った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2177976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21203 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58332301 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • --06-15
prop-ja:casualties
  • 報道記者1名
  • 損失:B-29 7機
  • 施設損害:小倉造兵廠
  • 死亡:搭乗員57名、
  • 死傷者:八幡市街地で270名以上
  • (八幡製鐵所の損害は軽微)
prop-ja:combatant
  • アメリカ合衆国
  • 大日本帝国
prop-ja:conflict
  • 八幡空襲
prop-ja:date
  • --06-15
prop-ja:partof
prop-ja:place
  • 福岡県八幡市(現在北九州市)
prop-ja:strength
  • B-29 75機
  • 対空砲
  • 迎撃戦闘機 24機
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 八幡空襲(やはたくうしゅう)は、第二次世界大戦中の1944年6月16日未明、アメリカ陸軍航空軍第58爆撃団の戦略爆撃機B-29が陸上基地を拠点として行った初めての日本本土空襲。九州北部の官営八幡製鐵所を第一目標として計75機のB-29が出撃し、うち47機が八幡などを爆撃した。八幡製鐵所の被害は極僅かであったが、爆撃は北九州5都市(八幡、小倉、戸畑、門司、若松)におよび、270名以上が犠牲となった。なお、米軍側報告では作戦中の事故により5機のB-29が損失、2機が日本軍機により撃墜とされた。これに対し、日本側報告では撃墜6機(内不確実2機)、撃破7機、日本側被弾機1機と報じられた。爆撃目標とした八幡製鐵所コークス炉への命中弾はなく、空襲自体は不首尾に終わったが、同日サイパン島に米海軍の上陸を許したこともあり(サイパン島の戦い)、大本営は八幡空襲の報に衝撃を受けた。一方でアメリカや中国ではこの空襲の成果が大々的に報道された。作戦中B-29の収集した情報によって日本本土の防空体制の脆弱さが明らかとなり、その後の大規模な本土空襲の発端ともなった。なお八幡市は、1944年8月20日に中国から飛来したB-29によって2度目の空襲を受けている。さらに翌1945年8月8日の3度目の空襲ではマリアナ諸島基地発のB-29が焼夷弾爆撃を行い、市街地は壊滅的な被害を被った。
rdfs:label
  • 八幡空襲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of