Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 八卦掌(はっけしょう、Bāguázhǎng)とは、中国武術の一派。太極拳、形意拳と並んで内家拳の代表格とされる中国武術である。その名の通り八卦に基づいた技術理論、一般的な流派と違い拳より掌を多用する点、一見して舞踊のように見える動作が特徴である。名称からわかるように、動作の根本原理を易経の八卦思想で説明しているが、それらの理論は当然後世に構築されたもので、成立当初には無かったと考えた方が良い。基本歩型『擺歩』『扣歩』を始めとする様々な歩法の習得が重要視されており、里進外扣、平起平落、趟泥歩で円周上を歩く『走圏』を基本とする。套路の内容は門派によって異なるが、8種類の基本的な套路に始まって様々な套路・対練(約束組手)を学び、修業者はそれらを組み合わせるなどして習得してゆく。各種槍、刀、剣、棍、鉞など様々な武器術も存在する。清朝後期(19世紀の前半)、紫禁城の宦官であった董海川によって創始されたとされており、八卦掌という名称は後世になってから定着したものと考えられている。尹福の創始した尹派八卦掌、程廷華の創始した程派八卦掌、梁振圃の創始した梁派八卦掌を初めとして、多くの門派が存在する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 159616 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58817596 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:別名
  • Bāguázhǎng
prop-ja:創始者
prop-ja:画像サイズ
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:画像名
  • Sun bagua.jpg
prop-ja:画像説明
prop-ja:発生国
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:発生年
prop-ja:読み
  • はっけしょう
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 八卦掌(はっけしょう、Bāguázhǎng)とは、中国武術の一派。太極拳、形意拳と並んで内家拳の代表格とされる中国武術である。その名の通り八卦に基づいた技術理論、一般的な流派と違い拳より掌を多用する点、一見して舞踊のように見える動作が特徴である。名称からわかるように、動作の根本原理を易経の八卦思想で説明しているが、それらの理論は当然後世に構築されたもので、成立当初には無かったと考えた方が良い。基本歩型『擺歩』『扣歩』を始めとする様々な歩法の習得が重要視されており、里進外扣、平起平落、趟泥歩で円周上を歩く『走圏』を基本とする。套路の内容は門派によって異なるが、8種類の基本的な套路に始まって様々な套路・対練(約束組手)を学び、修業者はそれらを組み合わせるなどして習得してゆく。各種槍、刀、剣、棍、鉞など様々な武器術も存在する。清朝後期(19世紀の前半)、紫禁城の宦官であった董海川によって創始されたとされており、八卦掌という名称は後世になってから定着したものと考えられている。尹福の創始した尹派八卦掌、程廷華の創始した程派八卦掌、梁振圃の創始した梁派八卦掌を初めとして、多くの門派が存在する。
rdfs:label
  • 八卦掌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of