Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 八八式七糎野戦高射砲(はちはちしきななせんちやせんこうしゃほう)は、1920年代中後期に開発・採用された大日本帝国陸軍の野戦高射砲。俗称は八八式七糎半野戦高射砲(はちはちしきななせんちはんやせんこうしゃほう)。第二次世界大戦においては九九式八糎高射砲とともに帝国陸軍の主力高射砲として使用された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 493382 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5592 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 97 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50783101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 八八式七糎野戦高射砲(はちはちしきななせんちやせんこうしゃほう)は、1920年代中後期に開発・採用された大日本帝国陸軍の野戦高射砲。俗称は八八式七糎半野戦高射砲(はちはちしきななせんちはんやせんこうしゃほう)。第二次世界大戦においては九九式八糎高射砲とともに帝国陸軍の主力高射砲として使用された。
rdfs:label
  • 八八式7.5cm野戦高射砲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of