全身麻酔(ぜんしんますい、英: General anesthesia)は、麻酔方法の一つ。手術する部位のみを麻酔する局所麻酔に対し、全身麻酔は全身を麻酔するため意識が消失する。 全身麻酔が薄れるまでの間、患者は異変を訴えることができないため、麻酔科医が患者のそばで注意深く監視・観察する必要がある。全身麻酔の長所はあらゆる部位の手術に用いることができることである。また、麻酔の目的として鎮静(意識消失)、筋弛緩、鎮痛、有害な副交感神経反射の抑制があげられるが、全身麻酔は基本的にはこれらの条件をすべて満たす。

Property Value
dbo:abstract
  • 全身麻酔(ぜんしんますい、英: General anesthesia)は、麻酔方法の一つ。手術する部位のみを麻酔する局所麻酔に対し、全身麻酔は全身を麻酔するため意識が消失する。 全身麻酔が薄れるまでの間、患者は異変を訴えることができないため、麻酔科医が患者のそばで注意深く監視・観察する必要がある。全身麻酔の長所はあらゆる部位の手術に用いることができることである。また、麻酔の目的として鎮静(意識消失)、筋弛緩、鎮痛、有害な副交感神経反射の抑制があげられるが、全身麻酔は基本的にはこれらの条件をすべて満たす。 (ja)
  • 全身麻酔(ぜんしんますい、英: General anesthesia)は、麻酔方法の一つ。手術する部位のみを麻酔する局所麻酔に対し、全身麻酔は全身を麻酔するため意識が消失する。 全身麻酔が薄れるまでの間、患者は異変を訴えることができないため、麻酔科医が患者のそばで注意深く監視・観察する必要がある。全身麻酔の長所はあらゆる部位の手術に用いることができることである。また、麻酔の目的として鎮静(意識消失)、筋弛緩、鎮痛、有害な副交感神経反射の抑制があげられるが、全身麻酔は基本的にはこれらの条件をすべて満たす。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 509073 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16797 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81097472 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 全身麻酔(ぜんしんますい、英: General anesthesia)は、麻酔方法の一つ。手術する部位のみを麻酔する局所麻酔に対し、全身麻酔は全身を麻酔するため意識が消失する。 全身麻酔が薄れるまでの間、患者は異変を訴えることができないため、麻酔科医が患者のそばで注意深く監視・観察する必要がある。全身麻酔の長所はあらゆる部位の手術に用いることができることである。また、麻酔の目的として鎮静(意識消失)、筋弛緩、鎮痛、有害な副交感神経反射の抑制があげられるが、全身麻酔は基本的にはこれらの条件をすべて満たす。 (ja)
  • 全身麻酔(ぜんしんますい、英: General anesthesia)は、麻酔方法の一つ。手術する部位のみを麻酔する局所麻酔に対し、全身麻酔は全身を麻酔するため意識が消失する。 全身麻酔が薄れるまでの間、患者は異変を訴えることができないため、麻酔科医が患者のそばで注意深く監視・観察する必要がある。全身麻酔の長所はあらゆる部位の手術に用いることができることである。また、麻酔の目的として鎮静(意識消失)、筋弛緩、鎮痛、有害な副交感神経反射の抑制があげられるが、全身麻酔は基本的にはこれらの条件をすべて満たす。 (ja)
rdfs:label
  • 全身麻酔 (ja)
  • 全身麻酔 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of