Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 全米オープン女子シングルス優勝者一覧(ぜんべい-じょし-ゆうしょうしゃいちらん)は、全米オープン女子シングルスにおける優勝者の一覧である。オープン化以前はモーラ・マロリーの8回、オープン化後はクリス・エバートの6回優勝が最多である。 1968年にテニス界が4大大会の「オープン化」(プロ選手出場解禁措置)を実施したことに伴い、本大会では1968年と1969年の2年間のみ、暫定措置として2度の大会開催があった。1回目に行われた「オープン化時代大会」(英語:Open Era Grand Slam)の優勝者が、大会公認の優勝者となる。もう1回、年末の12月に別途で「全米選手権」(英語:US National Champs)が行われたが、こちらの優勝者は記録に数えない。そのため、1968年の場合は「オープン化時代大会」の優勝者、バージニア・ウェードが正式な優勝者となる。(マーガレット・スミス・コート夫人の全米優勝記録を「5勝」と数えるにあたって、留意しなければならないポイントでもある。)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 329061 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17972 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56901454 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 全米オープン女子シングルス優勝者一覧(ぜんべい-じょし-ゆうしょうしゃいちらん)は、全米オープン女子シングルスにおける優勝者の一覧である。オープン化以前はモーラ・マロリーの8回、オープン化後はクリス・エバートの6回優勝が最多である。 1968年にテニス界が4大大会の「オープン化」(プロ選手出場解禁措置)を実施したことに伴い、本大会では1968年と1969年の2年間のみ、暫定措置として2度の大会開催があった。1回目に行われた「オープン化時代大会」(英語:Open Era Grand Slam)の優勝者が、大会公認の優勝者となる。もう1回、年末の12月に別途で「全米選手権」(英語:US National Champs)が行われたが、こちらの優勝者は記録に数えない。そのため、1968年の場合は「オープン化時代大会」の優勝者、バージニア・ウェードが正式な優勝者となる。(マーガレット・スミス・コート夫人の全米優勝記録を「5勝」と数えるにあたって、留意しなければならないポイントでもある。)
rdfs:label
  • 全米オープン女子シングルス優勝者一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of