Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 全真(ぜんしん、仁平元年(1151年) - 没年未詳)は、平安時代末期の天台宗の僧。藤原北家勧修寺流の出身で父は参議藤原親隆。母は平時信の娘。母方の伯母にあたる平時子の猶子となり、平氏政権の下で立身。治承2年(1178年)には権少僧都となる。時子が従二位であった関係から、世上「二位の法眼」と呼称された。寿永2年(1183年)、平家一門の都落ちに従って西海に赴き、元暦2年(1185年)の壇ノ浦の戦いにおいて伯父の平時忠らとともに捕虜となる。詮議の末に安芸国へと配流され、以後文治5年(1189年)に赦免されるまで同国にて過ごした。赦免後は帰洛し、大原に隠棲中の建礼門院徳子を訪問して「今日かくてめぐり逢ふにも恋しきは此の世隔てし別れなりけり」の一首を詠んだたことなどが知られるが、その後の足跡については未詳。歌人としても知られ、『玉葉和歌集』にその作が収録されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1605000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 704 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 45638079 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 全真(ぜんしん、仁平元年(1151年) - 没年未詳)は、平安時代末期の天台宗の僧。藤原北家勧修寺流の出身で父は参議藤原親隆。母は平時信の娘。母方の伯母にあたる平時子の猶子となり、平氏政権の下で立身。治承2年(1178年)には権少僧都となる。時子が従二位であった関係から、世上「二位の法眼」と呼称された。寿永2年(1183年)、平家一門の都落ちに従って西海に赴き、元暦2年(1185年)の壇ノ浦の戦いにおいて伯父の平時忠らとともに捕虜となる。詮議の末に安芸国へと配流され、以後文治5年(1189年)に赦免されるまで同国にて過ごした。赦免後は帰洛し、大原に隠棲中の建礼門院徳子を訪問して「今日かくてめぐり逢ふにも恋しきは此の世隔てし別れなりけり」の一首を詠んだたことなどが知られるが、その後の足跡については未詳。歌人としても知られ、『玉葉和歌集』にその作が収録されている。
rdfs:label
  • 全真
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of