Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 全球降水観測計画(ぜんきゅうこうすいかんそくけいかく、GPM 計画、Global Precipitation Measurement)とは、地球大気中の降水を高頻度(3時間ごと)で観測する、NASA、JAXA ならびにその他国際機関による共同ミッションである。当計画は NASA の Earth Systematic Missions (ESM) 計画の一部であり、ほぼすべての地球上をカバーする予定である。プロジェクトオフィスは NASA ゴダード宇宙飛行センター(GSFC)によって管理され、研究者による全地球気候データの研究を支援するため全地球規模の「雨」の地図を提供する。また、熱帯降雨観測衛星(TRMM)の成果を引き継ぎ、新たに(1)観測精度の向上、(2)観測領域の拡大、(3)観測頻度の増大、の3点が実現可能となるよう計画されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2747945 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6327 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51395450 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • left
prop-ja:caption
  • GPM 計画のアプリケーションサイエンティストで地滑りモデルの研究者である Dalia Kirschbaum の紹介。
  • 製造およびテストの各段階における GPM コア衛星の記録。
  • GCPEx 2012 フィールド・キャンペーンでの NASA DC-8 観測飛行機の飛行経路が黄色で示されている。
  • GPM コア衛星の GPM マイクロ波放射計および二周波降水レーダのスキャン性能をアニメーションで示す。多い雨量は赤で、少ない雨量で青で示される。
  • GPM 計画の応用。
  • GPM 計画の主要な科学的および社会的な利益を簡単に紹介するビデオ。
  • NASA は予定される宇宙からの GPM 計画を支援する目的で、6週間カナダの吹雪の中を観測飛行機にて飛行しデータ収集を行った。
  • 可能な限り最新の降水データを集めるために、9つの GPM 衛星がどのように地球を周回するかを示すアニメーション。
prop-ja:direction
  • horizontal
prop-ja:image
  • NASA's DC-8 Airborne Science Laboratory Flight Path Jan 19, 2012.ogv
  • Faces of GPM.ogv
  • GPM Applications.ogv
  • GPM Milestones.ogv
  • Rainspotting.ogv
  • The Fresh Connection.ogv
  • NASA Airborne Cold Weather Experiment Measures Falling Snow.ogv
  • Global Precipitiation Measurement Core Satellite Instruments.ogv
prop-ja:noradNo
  • 39574 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主製造業者
prop-ja:名称
  • 全球降水観測計画(GPM)主衛星
prop-ja:周回対象
  • 地球
prop-ja:国際標識番号
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:所属
prop-ja:打上げ場所
prop-ja:打上げ日時
  • 3 (xsd:integer)
  • --02-28
prop-ja:打上げ機
  • H-IIAロケット 23号機
prop-ja:搭載機器
  • 搭載機器
prop-ja:搭載機器名称
  • DPR
  • GMI
prop-ja:搭載機器説明
  • GPMマイクロ波放射計
  • 二周波降水レーダ
prop-ja:状態
  • 運用中
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像の注釈
  • GPM主衛星とコンステレーション衛星
prop-ja:発生電力
  • 1950 (xsd:integer)
prop-ja:目的
  • 降水観測
prop-ja:質量
  • 3750.0
prop-ja:軌道
  • 低軌道
prop-ja:軌道傾斜角
  • 65 (xsd:integer)
prop-ja:軌道投入日
  • --02-28
prop-ja:軌道要素
  • 軌道要素
prop-ja:高度
  • 407.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 全球降水観測計画(ぜんきゅうこうすいかんそくけいかく、GPM 計画、Global Precipitation Measurement)とは、地球大気中の降水を高頻度(3時間ごと)で観測する、NASA、JAXA ならびにその他国際機関による共同ミッションである。当計画は NASA の Earth Systematic Missions (ESM) 計画の一部であり、ほぼすべての地球上をカバーする予定である。プロジェクトオフィスは NASA ゴダード宇宙飛行センター(GSFC)によって管理され、研究者による全地球気候データの研究を支援するため全地球規模の「雨」の地図を提供する。また、熱帯降雨観測衛星(TRMM)の成果を引き継ぎ、新たに(1)観測精度の向上、(2)観測領域の拡大、(3)観測頻度の増大、の3点が実現可能となるよう計画されている。
rdfs:label
  • 全球降水観測計画
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of