Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 入格(にゅうかく)とは、「の中へ」を表現する格である。独立の格としてはウラル語族のうちフィンランド語やハンガリー語などにあり、広い意味で「処格」と呼ばれる格の一種である。例:「家」→「家の中へ」ハンガリー語 ház → házbaエストニア語 maja → majasse または majjaフィンランド語 talo → taloonまたインドヨーロッパ語族でも、古いリトアニア語にある。現代標準リトアニア語ではあまり使われないが、一部の方言などに残っている。フィンランド語の入格形は、強階程で語尾が母音の場合は直前の母音+nである。(フィンランド語の入格形は常に強階程である)例talo+o+n=taloon(家)katu+u+n=katuun(通り)koti+i+n=kotiin(家)語尾が子音の場合はその子音を消去し直前の母音+seenである。例kaunis-s+i+seen=kauniiseen(美しい)主格形が弱階程の場合は強階程にして直前の母音+seenである。((強階程)はその単語を強階程にするという意味)例liite(強階程)+e+seen=liitteeseen(付録)なお、直前が子音である場合はその子音を消去する。例hidas(強階程)-s+a+seen=hitaaseen(遅い)kangas(強階程)-s+a+seen=kankaaseen(問題)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1204787 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 696 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56506278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 入格(にゅうかく)とは、「の中へ」を表現する格である。独立の格としてはウラル語族のうちフィンランド語やハンガリー語などにあり、広い意味で「処格」と呼ばれる格の一種である。例:「家」→「家の中へ」ハンガリー語 ház → házbaエストニア語 maja → majasse または majjaフィンランド語 talo → taloonまたインドヨーロッパ語族でも、古いリトアニア語にある。現代標準リトアニア語ではあまり使われないが、一部の方言などに残っている。フィンランド語の入格形は、強階程で語尾が母音の場合は直前の母音+nである。(フィンランド語の入格形は常に強階程である)例talo+o+n=taloon(家)katu+u+n=katuun(通り)koti+i+n=kotiin(家)語尾が子音の場合はその子音を消去し直前の母音+seenである。例kaunis-s+i+seen=kauniiseen(美しい)主格形が弱階程の場合は強階程にして直前の母音+seenである。((強階程)はその単語を強階程にするという意味)例liite(強階程)+e+seen=liitteeseen(付録)なお、直前が子音である場合はその子音を消去する。例hidas(強階程)-s+a+seen=hitaaseen(遅い)kangas(強階程)-s+a+seen=kankaaseen(問題)
rdfs:label
  • 入格
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of