Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 兜塚古墳(かぶとづかこふん)は、現在の宮城県仙台市太白区、宮城県仙台南高等学校の校地にある古墳である。帆立貝式の前方後円墳で、築造は5世紀後半と推定されている。全長約75メートルで、葺石と埴輪を伴い、同時期の仙台平野の古墳の中では大きなものであった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2217113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55871315 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • E
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • N
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • 兜塚古墳
prop-ja:地図国コード
  • JP
prop-ja:形状
prop-ja:所在地
  • 宮城県仙台市太白区根岸町14
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:築造年代
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:経度分
  • 53 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 3.200000 (xsd:double)
prop-ja:緯度分
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 38 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 19.200000 (xsd:double)
prop-ja:規模
  • 全長約75メートル
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 兜塚古墳(かぶとづかこふん)は、現在の宮城県仙台市太白区、宮城県仙台南高等学校の校地にある古墳である。帆立貝式の前方後円墳で、築造は5世紀後半と推定されている。全長約75メートルで、葺石と埴輪を伴い、同時期の仙台平野の古墳の中では大きなものであった。
rdfs:label
  • 兜塚古墳
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of