Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 党の指導性(とうのしどうせい、ドイツ語: Führung der Partei、英語: leadership of the party, party leadership)とは、レーニン主義の原則の一つ。マルクス・レーニン主義を掲げる多くの社会主義国の憲法などに明記され、共産党が国家・政府・軍・司法・宗教団体・大衆団体など社会のあらゆる組織・組織活動を「指導」する根拠とされた。国家を指導する党を指導政党とも呼ぶ。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 229699 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10408 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 143 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58836655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 「労働者階級が領導」と書かれてはいても「(共産)党」の語はない
  • 憲法前文には「労働者階級」の語しかない
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 党の指導性(とうのしどうせい、ドイツ語: Führung der Partei、英語: leadership of the party, party leadership)とは、レーニン主義の原則の一つ。マルクス・レーニン主義を掲げる多くの社会主義国の憲法などに明記され、共産党が国家・政府・軍・司法・宗教団体・大衆団体など社会のあらゆる組織・組織活動を「指導」する根拠とされた。国家を指導する党を指導政党とも呼ぶ。
rdfs:label
  • 党の指導性
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of