Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 光禄大夫(こうろくたいふ)は前漢以降の官職名。前漢においては、元は中大夫と呼ばれ、論議を職務とし、郎中令(光禄勲)に属していた。武帝太初元年(BC104)に中大夫を光禄大夫と改称し、官秩を比二千石とした。後漢においても官秩は比二千石で定員は無かった。顧問応対を職務としており、決まった仕事はなく、詔によって派遣されるのみであった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1492902 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 322 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47488353 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 光禄大夫(こうろくたいふ)は前漢以降の官職名。前漢においては、元は中大夫と呼ばれ、論議を職務とし、郎中令(光禄勲)に属していた。武帝太初元年(BC104)に中大夫を光禄大夫と改称し、官秩を比二千石とした。後漢においても官秩は比二千石で定員は無かった。顧問応対を職務としており、決まった仕事はなく、詔によって派遣されるのみであった。
rdfs:label
  • 光禄大夫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of