Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 光波ホーミング誘導(こうはホーミングゆうどう)は、光波を媒体としたホーミング誘導。目標から返ってくる光波をシーカーで検知し、その方向に操舵することで、目標を捉える方式である。操舵においては、ほとんどが比例航法(PN)あるいは増強比例航法(APN)を採用している。電磁波のなかでも、光波は電波(特にマイクロ波)と比して、より小さな装置で運用できる一方、周波数としての特性上から大気圏内の透過性が低く、従って目標を探知できる距離がより短いという欠点がある。このことから、光波ホーミング誘導方式の兵器は、電波ホーミング誘導よりも短い射程で、より軽便なものとして運用される傾向にある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2597987 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7219 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 86 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58621341 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • IRIS-T空対空ミサイルのシーカー部。第4世代のIRH誘導システムである。
  • K-13空対空ミサイルのシーカー部。第1世代のIRH誘導システムである。
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:image
  • Iris.ogg
  • AA-2 seeker.jpg
prop-ja:width
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 光波ホーミング誘導(こうはホーミングゆうどう)は、光波を媒体としたホーミング誘導。目標から返ってくる光波をシーカーで検知し、その方向に操舵することで、目標を捉える方式である。操舵においては、ほとんどが比例航法(PN)あるいは増強比例航法(APN)を採用している。電磁波のなかでも、光波は電波(特にマイクロ波)と比して、より小さな装置で運用できる一方、周波数としての特性上から大気圏内の透過性が低く、従って目標を探知できる距離がより短いという欠点がある。このことから、光波ホーミング誘導方式の兵器は、電波ホーミング誘導よりも短い射程で、より軽便なものとして運用される傾向にある。
rdfs:label
  • 光波ホーミング誘導
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:guidance of
is prop-ja:誘導方式 of
is foaf:primaryTopic of