光武帝(こうぶてい、前6年 - 57年)は、後漢王朝の初代皇帝。 王莽による簒奪後の新末後漢初に混乱を統一し、漢王朝の再興として後漢王朝を建てた。廟号は世祖。諡号の光武帝は漢朝を中興したことより「光」、禍乱を平定したことより「武」の文字が採用された。「隴を得て蜀を望む」「志有る者は事竟に成る」「柔よく剛を制す」(『黄石公記』(=『三略』)の引用)などの言葉を残している(『後漢書』本紀1上・下・本伝)。中国史上、一度滅亡した王朝の復興を旗印として天下統一に成功した唯一の皇帝である。「漢委奴国王」の金印を倭(日本)の奴国の使節にあたえた皇帝とされている。

Property Value
dbo:abstract
  • 光武帝(こうぶてい、前6年 - 57年)は、後漢王朝の初代皇帝。 王莽による簒奪後の新末後漢初に混乱を統一し、漢王朝の再興として後漢王朝を建てた。廟号は世祖。諡号の光武帝は漢朝を中興したことより「光」、禍乱を平定したことより「武」の文字が採用された。「隴を得て蜀を望む」「志有る者は事竟に成る」「柔よく剛を制す」(『黄石公記』(=『三略』)の引用)などの言葉を残している(『後漢書』本紀1上・下・本伝)。中国史上、一度滅亡した王朝の復興を旗印として天下統一に成功した唯一の皇帝である。「漢委奴国王」の金印を倭(日本)の奴国の使節にあたえた皇帝とされている。 (ja)
  • 光武帝(こうぶてい、前6年 - 57年)は、後漢王朝の初代皇帝。 王莽による簒奪後の新末後漢初に混乱を統一し、漢王朝の再興として後漢王朝を建てた。廟号は世祖。諡号の光武帝は漢朝を中興したことより「光」、禍乱を平定したことより「武」の文字が採用された。「隴を得て蜀を望む」「志有る者は事竟に成る」「柔よく剛を制す」(『黄石公記』(=『三略』)の引用)などの言葉を残している(『後漢書』本紀1上・下・本伝)。中国史上、一度滅亡した王朝の復興を旗印として天下統一に成功した唯一の皇帝である。「漢委奴国王」の金印を倭(日本)の奴国の使節にあたえた皇帝とされている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 51671 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13431 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81225362 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:代数
  • 初代 (ja)
  • 初代 (ja)
prop-ja:
  • 光武帝 劉秀 (ja)
  • 光武帝 劉秀 (ja)
prop-ja:呼称
  • 皇帝 (ja)
  • 皇帝 (ja)
prop-ja:在位期間
  • --08-05
prop-ja:
  • 文叔 (ja)
  • 文叔 (ja)
prop-ja:年号
prop-ja:廟号
  • 世祖 (ja)
  • 世祖 (ja)
prop-ja:
  • 樊嫻都 (ja)
  • 樊嫻都 (ja)
prop-ja:没年
  • --02-05
  • --03-29
prop-ja:
  • 南頓県令劉欽 (ja)
  • 南頓県令劉欽 (ja)
prop-ja:王朝
  • 後漢 (ja)
  • 後漢 (ja)
prop-ja:生年
  • --01-15
  • --12-06
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:皇后
prop-ja:説明
  • 光武帝肖像 (ja)
  • 光武帝肖像 (ja)
prop-ja:諡号
  • 光武皇帝 (ja)
  • 光武皇帝 (ja)
prop-ja:
  • 劉秀 (ja)
  • 劉秀 (ja)
prop-ja:都城
  • 雒陽(洛陽) (ja)
  • 雒陽(洛陽) (ja)
prop-ja:陵墓
  • 原陵 (ja)
  • 原陵 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 光武帝(こうぶてい、前6年 - 57年)は、後漢王朝の初代皇帝。 王莽による簒奪後の新末後漢初に混乱を統一し、漢王朝の再興として後漢王朝を建てた。廟号は世祖。諡号の光武帝は漢朝を中興したことより「光」、禍乱を平定したことより「武」の文字が採用された。「隴を得て蜀を望む」「志有る者は事竟に成る」「柔よく剛を制す」(『黄石公記』(=『三略』)の引用)などの言葉を残している(『後漢書』本紀1上・下・本伝)。中国史上、一度滅亡した王朝の復興を旗印として天下統一に成功した唯一の皇帝である。「漢委奴国王」の金印を倭(日本)の奴国の使節にあたえた皇帝とされている。 (ja)
  • 光武帝(こうぶてい、前6年 - 57年)は、後漢王朝の初代皇帝。 王莽による簒奪後の新末後漢初に混乱を統一し、漢王朝の再興として後漢王朝を建てた。廟号は世祖。諡号の光武帝は漢朝を中興したことより「光」、禍乱を平定したことより「武」の文字が採用された。「隴を得て蜀を望む」「志有る者は事竟に成る」「柔よく剛を制す」(『黄石公記』(=『三略』)の引用)などの言葉を残している(『後漢書』本紀1上・下・本伝)。中国史上、一度滅亡した王朝の復興を旗印として天下統一に成功した唯一の皇帝である。「漢委奴国王」の金印を倭(日本)の奴国の使節にあたえた皇帝とされている。 (ja)
rdfs:label
  • 光武帝 (ja)
  • 光武帝 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:opponents of
is dbo:parent of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:leader of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja: of
is prop-ja:父親 of
is prop-ja:続柄 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of