Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 光武帝(こうぶてい、前6年 - 57年)は、後漢王朝の初代皇帝。南陽蔡陽(湖北省棗陽市)の人。王莽による簒奪後の新末後漢初に混乱を統一し、漢王朝の再興として後漢王朝を建てた。諡号の光武帝は漢朝を中興したことより「光」、禍乱を平定したことより「武」の文字が採用された。「隴を得て蜀を望む」「志有る者は事竟に成る」「柔よく剛を制す」(『黄石公記』(=『三略』)の引用)などの言葉を残している(『後漢書』本紀1上・下・本伝)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 51671 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13077 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 269 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58965640 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:代数
  • 初代
prop-ja:
  • 光武帝 劉秀
prop-ja:呼称
  • 皇帝
prop-ja:在位期間
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 文叔
prop-ja:年号
prop-ja:廟号
  • 世祖
prop-ja:
  • 樊嫻都
prop-ja:没年
  • 57 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 南頓県令劉欽
prop-ja:王朝
  • 後漢
prop-ja:生年
prop-ja:画像
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • 光武帝肖像
prop-ja:諡号
  • 光武皇帝
prop-ja:
  • 劉秀
prop-ja:都城
  • 雒陽(洛陽)
prop-ja:陵墓
  • 原陵
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 光武帝(こうぶてい、前6年 - 57年)は、後漢王朝の初代皇帝。南陽蔡陽(湖北省棗陽市)の人。王莽による簒奪後の新末後漢初に混乱を統一し、漢王朝の再興として後漢王朝を建てた。諡号の光武帝は漢朝を中興したことより「光」、禍乱を平定したことより「武」の文字が採用された。「隴を得て蜀を望む」「志有る者は事竟に成る」「柔よく剛を制す」(『黄石公記』(=『三略』)の引用)などの言葉を残している(『後漢書』本紀1上・下・本伝)。
rdfs:label
  • 光武帝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of