Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 光合成(こうごうせい、独, 仏: Photosynthese, 拉, 英: Photosynthesis)は、主に植物や植物プランクトン、藻類など光合成色素をもつ生物が行う、光エネルギーを化学エネルギーに変換する生化学反応のことである。光合成生物は光エネルギーを使って水と空気中の二酸化炭素から炭水化物(糖類:例えばショ糖やグルコースやデンプン)を合成している。また、光合成は水を分解する過程で生じた酸素を大気中に供給している。年間に地球上で固定される二酸化炭素は約1014kg、貯蔵されるエネルギーは1018kJと見積もられている。「光合成」という名称を初めて使ったのはアメリカの植物学者チャールズ・バーネス(1893年)である。かつては炭酸同化作用(たんさんどうかさよう)とも言ったが現在はあまり使われない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1860132 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13435 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58694258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 光合成(こうごうせい、独, 仏: Photosynthese, 拉, 英: Photosynthesis)は、主に植物や植物プランクトン、藻類など光合成色素をもつ生物が行う、光エネルギーを化学エネルギーに変換する生化学反応のことである。光合成生物は光エネルギーを使って水と空気中の二酸化炭素から炭水化物(糖類:例えばショ糖やグルコースやデンプン)を合成している。また、光合成は水を分解する過程で生じた酸素を大気中に供給している。年間に地球上で固定される二酸化炭素は約1014kg、貯蔵されるエネルギーは1018kJと見積もられている。「光合成」という名称を初めて使ったのはアメリカの植物学者チャールズ・バーネス(1893年)である。かつては炭酸同化作用(たんさんどうかさよう)とも言ったが現在はあまり使われない。
rdfs:label
  • 光合成
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of