光厳天皇(こうごんてんのう、1313年8月1日〈正和2年7月9日〉- 1364年8月5日〈正平19年7月7日〉)は、日本の北朝初代天皇(在位:1331年10月22日〈元弘元年9月20日〉- 1333年7月7日〈元弘3年5月25日〉)。諱は量仁(かずひと)。 後醍醐天皇の失脚を受けて皇位に即いたが、鎌倉幕府の滅亡により復権した後醍醐が自身の廃位と光厳の即位を否定したため、歴代天皇126代の内には含まれず北朝初代とされる。ただし、光厳の在位は鎌倉時代末期で、実際には弟の光明天皇が北朝最初の天皇であり、次の崇光天皇と合わせた2代15年の間、光厳上皇は北朝の治天(皇室の長)の座にあって院政を行った。

Property Value
dbo:abstract
  • 光厳天皇(こうごんてんのう、1313年8月1日〈正和2年7月9日〉- 1364年8月5日〈正平19年7月7日〉)は、日本の北朝初代天皇(在位:1331年10月22日〈元弘元年9月20日〉- 1333年7月7日〈元弘3年5月25日〉)。諱は量仁(かずひと)。 後醍醐天皇の失脚を受けて皇位に即いたが、鎌倉幕府の滅亡により復権した後醍醐が自身の廃位と光厳の即位を否定したため、歴代天皇126代の内には含まれず北朝初代とされる。ただし、光厳の在位は鎌倉時代末期で、実際には弟の光明天皇が北朝最初の天皇であり、次の崇光天皇と合わせた2代15年の間、光厳上皇は北朝の治天(皇室の長)の座にあって院政を行った。 (ja)
  • 光厳天皇(こうごんてんのう、1313年8月1日〈正和2年7月9日〉- 1364年8月5日〈正平19年7月7日〉)は、日本の北朝初代天皇(在位:1331年10月22日〈元弘元年9月20日〉- 1333年7月7日〈元弘3年5月25日〉)。諱は量仁(かずひと)。 後醍醐天皇の失脚を受けて皇位に即いたが、鎌倉幕府の滅亡により復権した後醍醐が自身の廃位と光厳の即位を否定したため、歴代天皇126代の内には含まれず北朝初代とされる。ただし、光厳の在位は鎌倉時代末期で、実際には弟の光明天皇が北朝最初の天皇であり、次の崇光天皇と合わせた2代15年の間、光厳上皇は北朝の治天(皇室の長)の座にあって院政を行った。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 88616 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9068 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80895111 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20120111074830 (xsd:decimal)
  • --02-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 伏見5福神巡り (ja)
  • 伏見5福神巡り (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:代数
  • 北朝初 (ja)
  • 北朝初 (ja)
prop-ja:先代
prop-ja:別名
  • 勝光智(法名)、無範和尚 (ja)
  • 勝光智(法名)、無範和尚 (ja)
prop-ja:
  • 光厳天皇 (ja)
  • 光厳天皇 (ja)
prop-ja:和暦在位期間
  • --09-20
prop-ja:在位
  • --10-22
prop-ja:
  • 寿子内親王 (ja)
  • 懽子内親王 (ja)
  • 寿子内親王 (ja)
  • 懽子内親王 (ja)
prop-ja:
  • dbpedia-ja:尊朝入道親王
  • 光子内親王 (ja)
  • 弥仁親王(後光厳天皇) (ja)
  • 義仁親王 (ja)
  • 興仁親王(崇光天皇) (ja)
prop-ja:年号
prop-ja:時代
prop-ja:次代
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • 常照皇寺 (ja)
  • 常照皇寺 (ja)
prop-ja:没年
  • --08-05
prop-ja:父親
prop-ja:生地
  • 一条邸 (ja)
  • 一条邸 (ja)
prop-ja:生年
  • --08-01
prop-ja:画像
  • Emperor Kōgon.jpg (ja)
  • Emperor Kōgon.jpg (ja)
prop-ja:画像幅
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:皇居
prop-ja:説明
  • 光厳法皇像(常照皇寺蔵) (ja)
  • 光厳法皇像(常照皇寺蔵) (ja)
prop-ja:
  • 量仁 (ja)
  • 量仁 (ja)
prop-ja:追号
  • 光厳院 (ja)
  • (光厳天皇) (ja)
  • 光厳院 (ja)
  • (光厳天皇) (ja)
prop-ja:陵墓
  • 山国陵 (ja)
  • 山国陵 (ja)
prop-ja:首都
dct:subject
rdfs:comment
  • 光厳天皇(こうごんてんのう、1313年8月1日〈正和2年7月9日〉- 1364年8月5日〈正平19年7月7日〉)は、日本の北朝初代天皇(在位:1331年10月22日〈元弘元年9月20日〉- 1333年7月7日〈元弘3年5月25日〉)。諱は量仁(かずひと)。 後醍醐天皇の失脚を受けて皇位に即いたが、鎌倉幕府の滅亡により復権した後醍醐が自身の廃位と光厳の即位を否定したため、歴代天皇126代の内には含まれず北朝初代とされる。ただし、光厳の在位は鎌倉時代末期で、実際には弟の光明天皇が北朝最初の天皇であり、次の崇光天皇と合わせた2代15年の間、光厳上皇は北朝の治天(皇室の長)の座にあって院政を行った。 (ja)
  • 光厳天皇(こうごんてんのう、1313年8月1日〈正和2年7月9日〉- 1364年8月5日〈正平19年7月7日〉)は、日本の北朝初代天皇(在位:1331年10月22日〈元弘元年9月20日〉- 1333年7月7日〈元弘3年5月25日〉)。諱は量仁(かずひと)。 後醍醐天皇の失脚を受けて皇位に即いたが、鎌倉幕府の滅亡により復権した後醍醐が自身の廃位と光厳の即位を否定したため、歴代天皇126代の内には含まれず北朝初代とされる。ただし、光厳の在位は鎌倉時代末期で、実際には弟の光明天皇が北朝最初の天皇であり、次の崇光天皇と合わせた2代15年の間、光厳上皇は北朝の治天(皇室の長)の座にあって院政を行った。 (ja)
rdfs:label
  • 光厳天皇 (ja)
  • 光厳天皇 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:opponents of
is dbo:parent of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is prop-ja:主な祭神 of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja: of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:次代 of
is prop-ja:父親 of
is prop-ja:特記事項 of
is prop-ja:用途 of
is prop-ja:続柄 of
is prop-ja:配偶者 of
is prop-ja:開山 of
is foaf:primaryTopic of