Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 先天図(せんてんず)とは、北宋の儒学者邵雍が考えた易卦の生変に関する学説にもとづく次序や方位によって八卦および六十四卦を配した図である。邵雍はこの図の原作者を天地自然に象って八卦を創り出した伏羲とし、それを復元したと考えた。一方、現行『周易』における卦の配列、すなわち従来の易伝によって示された次序や方位によって卦を配列した図は後天図(こうてんず)と呼ばれ、その作者は周の文王とされる。先天図における卦の生成過程は太極から始まる宇宙生成論を表すとして朱子学において重視された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 566785 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9562 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 166 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56150916 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 先天図(せんてんず)とは、北宋の儒学者邵雍が考えた易卦の生変に関する学説にもとづく次序や方位によって八卦および六十四卦を配した図である。邵雍はこの図の原作者を天地自然に象って八卦を創り出した伏羲とし、それを復元したと考えた。一方、現行『周易』における卦の配列、すなわち従来の易伝によって示された次序や方位によって卦を配列した図は後天図(こうてんず)と呼ばれ、その作者は周の文王とされる。先天図における卦の生成過程は太極から始まる宇宙生成論を表すとして朱子学において重視された。
rdfs:label
  • 先天図
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of